リガフェーデ病

11 17, 2008
乳児の舌の下や舌の尖端部に円形~楕円形の潰瘍や腫れ物ができることがあります。
リガフェーデ病といいます。

生後6~8ヶ月に生え始めた下の乳歯の前歯や、もっと以前に生えた先天歯のとがった尖端によって、哺乳時に舌の下面の機械的な摩擦が繰り返され、潰瘍が生じます。

これがあまり大きくなると哺乳障害を起こすことがあります。

治療は、
とがった歯の先を削って丸める、あるいは抜歯すると潰瘍は速やかに治ってきます。
Posted in 子供
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム