明治時代の歯磨き

03 31, 2010
明治初期には、コルゲート、ペプソデント(アメリカ)、ギブス(イギリス)、シトロエン(フランス)等の西洋処方歯磨が輸入されていました。
西洋処方歯磨の価格は小袋で一銭五厘、大袋で5銭位が平均(明治44頃)。

日本製はライオン歯磨が小袋三銭、大袋十銭位、福原資生堂の練歯磨が25銭位でした。

■練歯磨
明治時代の歯みがき
日本ではじめての練歯磨は、明治21年、福原資生堂(現在の資生堂)から初めて練歯磨が発売されました。この練歯磨は25銭とかなり高価なものでした。
Posted in 歴史
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム