ADMIN TITLE LIST


明治初期には、コルゲート、ペプソデント(アメリカ)、ギブス(イギリス)、シトロエン(フランス)等の西洋処方歯磨が輸入されていました。
西洋処方歯磨の価格は小袋で一銭五厘、大袋で5銭位が平均(明治44頃)。

日本製はライオン歯磨が小袋三銭、大袋十銭位、福原資生堂の練歯磨が25銭位でした。

■練歯磨
明治時代の歯みがき
日本ではじめての練歯磨は、明治21年、福原資生堂(現在の資生堂)から初めて練歯磨が発売されました。この練歯磨は25銭とかなり高価なものでした。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.