Diskeeper2009を入れてみた

06 23, 2009


Diskeeper2009を入れました。
以前、古いバージョンのDiskeeper7を別のPCでずっと使っていたので馴染のあるソフトです。
2年前に購入したPC(WindowsXP)の起動、ソフトの起動が最近遅くなってきたので、今回この最新版をいれてみました。

マニュアルのデフラグをやってみましたが、Diskeeper7に比べて所要時間が短くなっているので驚きました。

で、実際の効果ですが、
・PCの起動、ソフトの起動ともに買ったときの速さに近くなりました。
・PCに動作そのものも軽快になっています。
・ハードディスクのあのカリカリという音がしている時間も短縮されています。

やはりやっただけの効果はあります。

以前紹介したすっきり!! デフラグは、Windowsにもともと付属しているデフラグを利用するソフトですが、こちらは、Windowsにもともと付属しているデフラグの高級版というか、実はWindpows標準のデフラグ機能はDiskeeperの簡易版です。

ただ、1ライセンスで1アクティベーションというのはちょっとつらい。
2ライセンスパックも販売されていますが、たいていは「まずは1台で使ってみて・・」ということで、最初から2ユーザーを買う勇気はないですからね。

確か、Diskeeper7ではライセンスの制限はなかったと思います。
昔はおおらかでしたね。

蛇足になりますが、夏場や梅雨時のデフラグはハードディスクにダメージをあたえるリスクがあるので本当はあまりやらないほうがいいようです。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム