虫歯で神経をとるかどうか?

04 01, 2010
虫歯で神経をとるかどうか?の判断ですが、

神経(歯髄)まで虫歯が進行している場合、神経をとらなければならない場合があります。強い痛みを伴う時は神経をとる適応はさらに多くなります。

虫歯の進行がが歯髄の直前ギリギリで止まっている場合、あるいは歯髄のほんのわずかの部分までしか進行していない場合は取らなくて済む場合があります

歯髄とると、どうしても歯が少しずつもろくなっていきます。
歯髄は歯に栄養を送る働きがあります。それを取ってしまうということは、歯に栄養を送ることができなくなり、歯が死んでしまうことになります。死んでしまった歯(失活歯)は神経のある歯に比較して、植物にたとえるなら枯れ枝のようにもろくなってしまいます。それを補強するために「冠」をかぶせることになります。
Posted in 虫歯の治療
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム