ADMIN TITLE LIST


虫歯で神経をとるかどうか?の判断ですが、

神経(歯髄)まで虫歯が進行している場合、神経をとらなければならない場合があります。強い痛みを伴う時は神経をとる適応はさらに多くなります。

虫歯の進行がが歯髄の直前ギリギリで止まっている場合、あるいは歯髄のほんのわずかの部分までしか進行していない場合は取らなくて済む場合があります

歯髄とると、どうしても歯が少しずつもろくなっていきます。
歯髄は歯に栄養を送る働きがあります。それを取ってしまうということは、歯に栄養を送ることができなくなり、歯が死んでしまうことになります。死んでしまった歯(失活歯)は神経のある歯に比較して、植物にたとえるなら枯れ枝のようにもろくなってしまいます。それを補強するために「冠」をかぶせることになります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.