妊娠初期にX線を浴びても大丈夫?

04 05, 2010
人間の胎児は約10ヶ月間、お母さんのおなかの中で成長します。
この中で妊娠初期は、各器官(目や鼻など)のもとになる部分が形成される重要な時期です。この時期はX線に対する感受性が高いので、X線を浴びると障害を起こしやすくなります。

したがって、X線検査をする時はできれば妊娠12週以降に行うのが望ましいといえます。

でも、歯科のX線ではたとえ12週以前でも胎児に障害を起こすようなことはありません
歯のX線撮影の際に生殖腺が浴びるX線の量は0.003mSv以下ですから、無視できる量です。安心してください。

さらに、鉛に入った防護エプロンをつければX線の量はほぼゼロ。
全く心配はありません。
Posted in レントゲン
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム