ADMIN TITLE LIST


 2006年、パキスタンで9000年前の新石器時代の遺跡の墓場で、ドリルで歯に穴をあけた痕跡が残る9体の人骨が米仏調査チームによって発見されました。

外からは見えにくい部位にもあり、また、穴の付近に虫歯が残っていることなどから、装飾とか呪術的なものではなく、純粋に虫歯の治療痕であることが確認されています。

新石器時代にすでに虫歯で悩んでいる人がいたことも驚きですが、それを治療していたということもさらなる驚きです。





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.