楢山節考の抜歯

10 30, 2009
姨捨山伝説を背景に信州の寒村に住む人々を描いた楢山節考(ならやまぶしこう)は、今まで2度映画化されています。

出演した田中絹代と坂本スミ子は役作りのために本当の自分の歯を抜いています。
ものすごい役者魂。

が、歯医者の立場からいえばこれは驚愕に値します。

役作りのために、坊主頭にしたり、太ったり、やせたり、というのはもとに戻ることなので問題ありませんが、歯は一度抜いたら二度と生えてきません。

抜く必要のない健全な歯を抜くというのは、歯を失うことの重大さがわかっている歯科関係者なら震え上がるほど恐ろしいことで、まず絶対にありえない思います。

ちなみに、
ミヤコ喋々は歯を抜かなければならないという条件を聞いて出演を断ったそうです。
Posted in 歴史
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム