ADMIN TITLE LIST


女王卑弥呼の生きた時代の人々は、1回の食事でなんと3990回食べ物を噛んでいました。

現代人は平均620回ですからなんと6倍以上です。調理法もまだ発達していなかったので食べ物は硬めで、否応なく多く噛まなければならなかったわけです。

ところが現代は食べ物が柔らかくなり、噛む回数が少なくて済むようになりました。噛む回数が少ないと、歯並びが悪くなり、虫歯や歯周病の原因にもなります

忙しい現代人は、ファーストフードなどで急いで食事を済ませ、ますます噛まなくなっている傾向にあります。

そこで1990年に、噛むことの大切さを考えるために発足した「日本咀嚼学会」では
卑弥呼の歯がいーぜという標語を紹介しています。

ひ: 肥満防止

み: 味覚の発達

こ: 言葉の発音をはっきり

の: 脳の発達

は: 歯の病気予防

が: ガン予防

い: 胃腸快調

ぜ: 全力投球

よく噛んで食べることは健康の源ですね。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.