平安時代の口臭

04 30, 2010
絵巻物『病草子(やまいのそうし)』(12世紀後半)の中に、口臭の女というタイトルの絵があり、歯周病に苦しむ女性の姿がおもしろおかしく描かれています。
高貴な身分の女性が歯を磨いているそばで、女官たちがたもとで口を覆って臭いをふさいでいます。

この絵の枕詞には
「髪や姿は美しいけれども、息の香りがあまりのもくさくて、近づいた男はいつも鼻をふさいで逃げてしまう。そばにいる人も臭くて耐え切れない。」
とあります。
要するに、口臭のために男に逃げられてばかりということ。

平安の昔から、洋服やお化粧にばかり気を取られて、歯とお口のケアをおろそかにしていると、知らないうちにチャンスを逃してしまうということですね。
Posted in 歴史
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム