ADMIN TITLE LIST


絵巻物『病草子(やまいのそうし)』(12世紀後半)の中に、口臭の女というタイトルの絵があり、歯周病に苦しむ女性の姿がおもしろおかしく描かれています。
高貴な身分の女性が歯を磨いているそばで、女官たちがたもとで口を覆って臭いをふさいでいます。

この絵の枕詞には
「髪や姿は美しいけれども、息の香りがあまりのもくさくて、近づいた男はいつも鼻をふさいで逃げてしまう。そばにいる人も臭くて耐え切れない。」
とあります。
要するに、口臭のために男に逃げられてばかりということ。

平安の昔から、洋服やお化粧にばかり気を取られて、歯とお口のケアをおろそかにしていると、知らないうちにチャンスを逃してしまうということですね。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.