ゲレンデスキーでもヘルメット

02 03, 2011
hel1.jpg
GIRO G9

昔、ヘルメットといえば滑降のときしかかぶりませんでした。
(今はすべてのアルペン競技で着用が義務づけられていますが、昔は滑降だけでした)

その当時のヘルメットのイメージとしては、
・重い
・風切り音がうるさい
・蒸れる
・まわり音が聞こえない
・寒い

できればかぶりたくない・・というのが本音でした。

ところが最近ではゲレンデスキーでもヘルメットをかぶるようになってきました。
ファッション的にも魅力になってきています。

現在のヘルメットは、軽くて、暖かくて、まわりの音も聞こえるし、換気やアジャストの機構もかなりよくできていて快適です。
それにやはりなんといっても安全。

もはや手放せないアイテムになっています。

ちなみに、インナーキャップも使用しています。
これがあるとヘルメットのフィット感が良くなるし、寒いときは暖かいし、汗をかいたら洗濯できます。
i-cap.jpg
GIRO ヘルメット インナーキャップ ニット

FC2ノウハウ
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム