睡眠時無呼吸症候群

12 22, 2005
一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる。
または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこること。

その多くが軟口蓋と舌の沈下により、気道が閉鎖し、息ができなくなる閉塞性無呼吸です。


厚生省では睡眠1時間あたりの低呼吸数が20回以上おこる場合では、
5年後の生存は84%(5年後の死亡率は16%)、
8年後の生存は60%(8年後の死亡率は40%)と報告しています

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まった状態(無呼吸)が断続的に繰り返される病気です。
十分に睡眠がとれないので、日中だるく眠気がある、集中力がない、よく居眠りをする、というような症状が出ます。
それが高じると、居眠り運転やそれに伴う事故を起こすことにもなりかねません。

睡眠時無呼吸症候群の治療法については次回。
Posted in 体との関係
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム