睡眠時無呼吸症候群 (治療編)

12 24, 2005
今日は、
12月22日で取り上げた睡眠時無呼吸症候群の治療について説明します。


減量
肥満の患者さんが多く、これを減量することによって症状が改善することがあります。

飲酒の制限
飲酒は気道の筋肉を脱力させます。
寝る前の4時間はお酒を飲まないように心がけます。

精神安定剤の服用制限
精神安定剤の中には気道の筋肉を脱力させ、無呼吸を助長するものがあります。
主治医との相談のうえ服用の制限をします。

禁煙
喫煙は、血中の酸素を定価させ、喉頭部の炎症を起こし、症状を悪化させる傾向があります。

■最近は、ゴムのマスクを鼻に固定し、小型のコンプレッサーで加圧した空気を鼻から気道に送り込む装置があります。効果が高く睡眠時無呼吸症候群の治療として用いられています。
Posted in 体との関係
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム