ADMIN TITLE LIST


虫歯が無いのに歯がしみることがあります。多くの場合しみるのは歯の根元(歯と歯ぐきの境目)のあたりです。

これは象牙質知覚過敏症(単に知覚過敏と呼ぶこともあります)といわれるものです。

これは歯の内部の象牙質という層が露出してしまうために起こります。象牙質には象牙細管とよばれるごくごく細い管が集まっている層で、この管は歯の中心部の歯髄(神経)につながっています。

この管を通して冷たい温度刺激や食べ物の化学成分による刺激が歯髄に伝わってしまいます。そしてこれが「しみる」という痛みの症状になるわけです。

通常この象牙質はエナメル質で覆われているのでこのような現象は起こらないのですが、歯ぐきに近いところはこの象牙質が薄くなっており、噛み合わせの力が長年加わっていると歯の根元に応力がかかり、この部分のエナメル質が少しづつ欠けてきます。

そしてついに象牙質が露出するところまで欠けてしまうと知覚過敏症が発現してしまうわけです。

ちなみにこのエナメル質がはがれて欠けてしまった状態(根元がえぐれたように欠けている状態)をくさび状欠損と呼びます。


象牙質知覚過敏症についての対処法については次回


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.