ADMIN TITLE LIST


タバコが歯やお口に与える影響

歯周病にかかる率が高くなり、しかも重症に進行する率が5~7倍になるといわれています。
また、口臭の原因にもなります。味を感じる味蕾(みらい)を刺激して、たべものの味わいを妨げる原因にもなります。

タバコのニコチンによる歯周病の悪化のメカニズム

血管の収縮作用
ニコチンは血管を収縮させる作用があります。これによって歯肉が炎症を起こしても血液の供給が足りないため治癒がなかなか進みません。

抵抗力の低下
ニコチンは体の免疫機能を低下させますが、歯周病への抵抗力ももちろん低下させます。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.