ADMIN TITLE LIST


はえて間もない歯の表面に白い斑点が見られることがあります。

食事のあと口の中が酸性に傾いて、歯の表面からカルシウムやリン酸などが溶け出してしまうことによってこの斑点ができます。これは脱灰といってごくごく初期の虫歯です。

しかしすぐにこれを削って詰めるということはしません。それは再石灰化といって口の中のだ液によって自然の修復作業が行なわれるからです。さらにフッ素はこの再石灰化の修復作業を促進します。

ただ、この「脱灰」のスピードに「再石灰化」が追いつかない場合、ほんとうの虫歯になってしまいます。ということは脱灰の頻度と時間をなるべく少なくして、再石灰化の時間が多くとれるようにすればいいわけです。

そのためにはおやつ(間食)の回数を少なくすることが大切です。間食は10時や3時のおやつだけにして、ダラダラ食いはやめましょう。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.