古代エジプトの歯科

06 11, 2010
英国博物館に展示されているエジプトのミイラの中から、歯を削って金を埋め込む処置をしたミイラが見つかっています。

治療目的なのか、儀式的に行われていたのかはわかりませんが、硬いエナメル質を削って、金を埋め込むという非常に高度な技術が紀元前1000年ころには存在していたということです。
現在の歯科治療のルーツはこのあたりにあるのかもしれません。

また、古代エジプトのミイラの中には、自分の抜けてしまった歯を針金で縛り付けて固定する、いわば義歯の原型のようなものも発見されています。

歯磨剤も、古代エジプトのパピルスの中に、粉歯みがきや、練歯みがきの処方があります。粉歯みがきは緑青、緑粘土、乳香など、練り歯みがきはこの他に蜜、ひうち石末などを加えています。
Posted in 歴史
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム