誤嚥性肺炎

06 14, 2010
誤嚥・嚥下障害によって、食べ物やだ液とともに間違って口の中の細菌が気管支や肺に入ってしまうために起こる病気です。老人の肺炎の70%はこの誤嚥性肺炎によるものといわれています。



嚥下能力の低下したお年寄りに起こりやすく,一度かかるとなかなか治りにくい病気です。
65歳以上の30%が肺炎で死亡しています。

誤嚥性肺炎の予防としては、歯科医師や歯科衛生士による口腔ケアの指導を受け、常にお口の中を清潔に保つことが大事です。

食後は歯磨きや入れ歯の清掃をしっかりやって、お口の中に食べカスなどが残らないように注意しましょう。

食事もゆっくりとよく噛んで、可能なかぎり正常な嚥下をするように心がけましょう。
Posted in 体との関係
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム