中高年は歯の根元の虫歯にご注意

06 22, 2010
人生には虫歯にかかりやすい時期が3度あります。

最初は乳歯がはえる時、次に永久歯がはえる時、そして最後が中高年期。

最初の2つの虫歯が歯の表面(エナメル質)にみられるのに対し、中高年の虫歯は歯の根元(象牙質)に多くみられます

これは年とともに歯周病が進み、歯ぐきがさがって歯の根の象牙質が露出してしまうためです。露出した象牙質は虫歯になりやすい場所です。
象牙質は硬いエナメル質とちがって酸に弱くて溶けやすいという性質があるからです。

この歯肉が下がるという現象を食い止めるためにも歯周病の予防が大切になってきます。

また、年をとると唾液の分泌が減少してくることも虫歯になりやすくなる原因のひとつになります。
Posted in 虫歯
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム