ADMIN TITLE LIST


虫歯は虫歯菌が砂糖(ショ糖)を分解するときに作られる酸によって、歯が溶かされることによってできます。



■歯の表面が酸性になることによって、カルシウムイオンが溶け出します。(脱灰・だっかい)

■でも、酸性になった歯の表面は唾液によって中和され中性に戻っていきます。(緩衝作用)

■その後、溶け出していたイオンは再び歯の表面に付着して修復されます。(再石灰化)

このように、歯の表面では脱灰という歯の破壊と、再石灰化という歯の修復が繰り返されます。

ただ、脱灰の時間が長くなると、修復が追いつかなくなり、虫歯という形で歯が破壊されていきます。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.