虫歯のできるしくみ

04 25, 2006
虫歯は虫歯菌が砂糖(ショ糖)を分解するときに作られる酸によって、歯が溶かされることによってできます。



■歯の表面が酸性になることによって、カルシウムイオンが溶け出します。(脱灰・だっかい)

■でも、酸性になった歯の表面は唾液によって中和され中性に戻っていきます。(緩衝作用)

■その後、溶け出していたイオンは再び歯の表面に付着して修復されます。(再石灰化)

このように、歯の表面では脱灰という歯の破壊と、再石灰化という歯の修復が繰り返されます。

ただ、脱灰の時間が長くなると、修復が追いつかなくなり、虫歯という形で歯が破壊されていきます。
0 CommentsPosted in 虫歯
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム