ADMIN TITLE LIST


シーラントという言葉をご存知ですか?

最近の学校保健では
「虫歯になりそうな歯を自分で認識して、生活の習慣を見つめ直し、虫歯が進行しないように見守っていく」というCO(要観察歯)の考え方が重要になってきています。

シーラント(予防的に歯の溝を埋める処置)はそういう状況で適応症を考慮して歯科医の判断で処置されるものです。



もちろん、シーラントしたからもう虫歯にならない、というわけではありません。自分の口の中の状態がシーラントを必要とするカリエスリスクの高さであると本人に気づいてもらうことが重要です。

注意すべき点は、溝のまわりが変色したり、シーラントが脱落していないか注意深く監察を続けること、歯科医院で定期的にチェックしてもらうこと、などです。

次回からシーラントについて詳しく述べていきたいと思います。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.