ADMIN TITLE LIST


各社からいろいろな総入れ歯安定剤が販売されています。テレビでもさかんに宣伝されています。
この総入れ歯安定剤は使っても大丈夫かどうかという質問を受けることがあります。

総入れ歯安定剤の使用は、歯科医院に行く時間がすぐにはどうしてもとれないとか、病気で入院していて歯科医院に行けないとか、旅行先とか、あくまでも緊急でやむを得ない場合のみにしてほしいところです。

入れ歯安定剤を長期に使うことの一番の問題点は、咬み合わせが狂ってくるということです。

素人の方が入れ歯の内面に安定剤を使用すると、ほとんどの場合咬み合わせが微妙にズレています。ズレた状態が長期間つづくと、義歯をのせる顎の歯肉が異常な状態になってしまう場合があります。

たとえば、歯肉が部分的にブヨブヨに肥厚してきたり、歯肉の中の骨が異常に吸収(溶ける)してきたり。

こうなると、義歯を修正しようとしたり、新しい義歯を作ろうとした場合の障害になってしまいます。

さらに、粘着性の安定剤の場合は義歯にべったりと安定剤が付きますから、洗って掃除することがむずかしく、不潔になりやすいことがあります。

義歯が合わない、外れやすい、具合が悪いという場合は、とにかく歯医者さんに行って修正してもらいましょう。あるいは新しく作ってもらいましょう。
安定剤はあくまでも緊急用の一時しのぎと考えてください。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.