ADMIN TITLE LIST


抜歯をするかしないか・・?
これは歯科医師永遠のテーマであるといえるかもしれません。

抜歯の適応となる歯としては、
■虫歯で残っている部分が根だけになってしまって、しかも根の中の方までボロボロに腐っている場合。
■歯周病で目で見てもわかるくらいグラグラになって、しかも噛めなくなってしまった場合。
■根の先に大きな膿みができて根の治療ではもはや治らない場合。
などがあげられます。

昔に比べれば、ずいぶん抜かなくても済むようになりました。
昔だったら当然抜歯になっていた歯も、今ならかなりのところまで抜歯せずに済みます。
たとえば、レーザーによって従来なら抜歯が適応の根だけ残った歯も場合によっては助けることもできます。

虫歯の治療にしても、歯周病の治療にしても、かなりのことろまで抜かないで残せるようになっています。

でも、それでもやはり抜歯がさけられない時はあります。
とても残念ですが。。。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.