ADMIN TITLE LIST


歯の神経を取れば、その歯は二度と痛くならないと考えている方がおられます。
ところがこれは大きな誤解で、神経がなくなった歯も痛くなります

神経(歯髄)が通っていた管の中にバイ菌が繁殖して、根の先に膿みができてきて、これが痛み出す場合です。これを専門的には根尖性歯周炎といいます。
この根尖性歯周炎の場合、痛みだけでなく、同時に歯肉や頬が腫れる場合もあります。
この根尖性歯周炎になると、治療に時間がかかる場合も多くなります。

神経を取れば冷たいものがしみるということだけは確実になくなります。でも将来的には今述べたような痛みが起こる可能性をはらんでいるということを知っていてほしいと思います。

ただ、根の治療がきちんと行われていれば、痛みがでることはまずありません。

そしてもうひとつ付け加えると、神経を取った歯より神経が生きている歯のほうが寿命は確実に長いといえます。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.