歯周病と心臓病(細菌性心内膜炎)

06 14, 2006
細菌性心内膜炎という心臓の病気があります。

心臓には外側の外膜と内側の内膜があります。内膜は心臓の弁も構成しています。先天性の心疾患、弁膜症、人口弁において、心内膜や弁膜に細菌の感染が起こったものを細菌性心内膜炎といいます。

心内膜に細菌感染がおこる原因のひとつとして歯科の治療(主に抜歯)が関係していると古くからいわれてきました。

そこで、歯周病との関係です。
抜歯時と同じように、血液中にまぎれこんだ歯周病菌が細菌性心内膜炎を起こすことが最近わかってきました

歯周病菌の中でも特にアクチノバシルス・アクチノマイセテムコミタンスという菌がこの心内膜炎を引き起こす危険性があると報告されています。
Posted in 歯周病と全身
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム