歯周病と糖尿病

06 15, 2006
歯周病は糖尿病にも関係しています。

歯周病の原因菌が血液中にまぎれこむとTNFα(腫瘍壊死因子)を産生させます。これが血中に入ってインスリンが血糖濃度をコントロールする働きを阻害することがあるといわれています。

ということで、境界型糖尿病の人は歯周病になるとより糖尿病になりやすくなります。
また、すでに糖尿病の人は歯周病によって糖尿病が悪化しやすいといえます。

プラークコントロールを徹底して歯周病の治療をすると、インスリンに対する反応がよくなって血糖値も安定してきたという臨床報告も出てきているようです。
Posted in 歯周病と全身
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム