ADMIN TITLE LIST


歯周病は糖尿病にも関係しています。

歯周病の原因菌が血液中にまぎれこむとTNFα(腫瘍壊死因子)を産生させます。これが血中に入ってインスリンが血糖濃度をコントロールする働きを阻害することがあるといわれています。

ということで、境界型糖尿病の人は歯周病になるとより糖尿病になりやすくなります。
また、すでに糖尿病の人は歯周病によって糖尿病が悪化しやすいといえます。

プラークコントロールを徹底して歯周病の治療をすると、インスリンに対する反応がよくなって血糖値も安定してきたという臨床報告も出てきているようです。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.