ガルバニー電流

08 11, 2010
異なった金属が同じ口腔内に存在するとき、唾液が電解質となって電位差が発生し電流が流れることがあります。この電流をガルバニー電流といいます。

要するに、お口の中に電池ができあがっているということです。

この電流が、疼痛・違和感・金属の味を生む事があります。アルミホイルを噛んだり、スプーンやフォークが歯の金属に当たった時、ビリッと電気が走るような違和感というか嫌な感じがします、あれです。

木製やプラスチック製のスプーンやフォークを使えばこの電流は発生しなくなります。

歯の詰め物やかぶせ物同士が異種金属の場合もこの電流が発生することがあります。この場合は一方の金属に統一するのが解決法。
Posted in 話のタネ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム