乳歯を抜いたあと、となりの歯が寄ってくる

07 27, 2006
乳歯の前歯が抜けた場合、あるいは乳歯の奥歯が抜けてもそのあとすぐに永久歯が生えてくる時期であればそのままで問題ありません。

問題は早期に乳歯の奥歯が抜けて、永久歯が生えてくるまではまだ大分年数がある場合です。この場合、乳歯を抜けたままにしておくと隣の歯、特に後ろの歯が前の方に傾いて移動してくる可能性があります。

永久歯がは生えるスペースが足りなくなって、歯並びに問題が出てきてしまいます。歯列から外れて外側や内側に生えてきてしまうことになります。

また咬み合わせの高さにも不具合が生じる場合もあります。

これを防ぐために保隙装置というのが使われます。
これによって、乳歯の早期喪失による障害を予防することができます。



ただ、この装置は定期的な管理が大事です。壊れる可能性、あるいは成長によって不具合がでる場合もあるからです。

保険は効きませんが、将来の歯並びのことを考えれば装着しておくべきでしょう。
Posted in 歯ならび
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム