熱があるときの歯科治療

09 01, 2010
風邪などで熱がある場合、歯科の治療をやるかどうかの判断はそのケースによります。

原則的には治療を見合わせる場合が多いです。
痛みなどがある場合は応急処置にとどめて、次回熱がない時に治療をします。

歯が原因で熱が出ている場合があります。
急性の炎症で、頬(ほほ)が腫れたり、歯ぐきが腫れたりしている場合、熱が出る場合があります。



この場合は、膿が溜まっているときは膿を出したり、咬んでも歯に負担がかからず安静が保てるように咬み合わせを調整したりします。

しかしやはり本格的な治療は熱が下がって、腫れもひいてからです。
FC2ノウハウにも掲載されています
Posted in 体との関係
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム