ADMIN TITLE LIST


歯が正常な数より多い場合、これを過剰歯と呼びます。
歯の形は、正常に近いものから小さめで不完全な形のものまでさまざまです。
真っすぐ生えてくる場合、歯列の外に生えてくる場合、中に埋もれたままの埋伏歯(まいふくし)になる場合があります。

乳歯ではまれです。

上の前歯の間に一番よくみられます。上下の親知らず(智歯)の後ろに出てくることもあります。

本来の永久歯の間に割り込むように生えてくることも多く、上の前歯部に出てくる場合は正中離開(せいちゅうりかい)の原因になります。

過剰歯が生える過程で、周囲の歯を圧迫して歯の根を溶かしてしまうこともあります。

過剰歯によって咬み合わせがずれるような場合や周囲の歯に悪い影響を及ぼしている場合は抜歯の適応になります。

埋伏している過剰歯は、その埋伏の深さや位置にもよりますが、とくに問題がないと判断される場合は抜歯しないで経過をみることもあります。

FC2ノウハウにも掲載されています


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.