ADMIN TITLE LIST


おなかの赤ちゃんの歯の発生は妊娠第7週(受精して50日目くらい)のころから始まります。

将来の乳歯の数と位置に一致して上下のあごの中にそれぞれ10個づつ、合わせて20個の歯の芽ができます。これを歯胚(しはい)といいます。

4ヶ月ごろになると、この歯胚は次第に成長して、エナメル質、象牙質、歯髄、セメント質に分化していきます。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.