妊娠中の歯科治療

09 24, 2006
妊娠中は歯科治療に不安を感じる方も多いと思います。
歯科治療が比較的安全に行える時期は妊娠4~8ヶ月です。

妊娠初期は、赤ちゃんのさまざまな器官(目や鼻など)の基本的な部分が形成されていく大事な時期で、X線や薬の影響を受けやすいといえます。

妊娠後期は、仰向けに寝る歯科の治療形態では腹部の血管を圧迫してしまうため、長時間の診療がむずかしい場合があります。出産が近くなってくるとちょっとした刺激がきっかけになって早産につながるという事態も考えられます。

ただ、この時期的なものはあまり神経質に考えなくてもいいと思います。
たとえ妊娠初期でも後期でも、がまんできないほどの歯の痛みであれば、治療してその痛みをとることのほうがよほど母胎にとってはベターです。

ちなみに、歯科のX線ではたとえ12週以前でも胎児に障害を起こすようなことはありません
Posted in 妊娠
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム