ADMIN TITLE LIST


■麻酔
妊娠中でも歯科治療の際、麻酔が必要な場合があります。
歯科用の麻酔薬は、注射をしたその周辺で分解されてしまうので、赤ちゃんへの影響を心配する必要はほとんどありません。

■抗生剤
親知らずの急性炎症の場合など、どうしても抗生剤を使わなければならない場合、比較的赤ちゃんへの影響が少ない薬剤を選んで使用します。



■鎮痛剤
鎮痛剤については妊娠中はなるべく使わないほうがいいのですが、痛みが強い場合など、その痛みを無理にガマンするほうが母体にとって精神的、肉体的にマイナスになる場合は比較的危険性の少ない薬剤を使います。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.