ADMIN TITLE LIST


魚の骨が歯肉、お口の奥のほう、のどに刺さる時があります。

歯肉の場合はほとんどが歯と歯の間の歯肉(専門用語では歯間乳頭部)付近に刺さります。自分ではなかなかとれない場合が多いので歯科医師にとっもらうのがいいでしょう。簡単にとれます。

お口の奥のほう、あるいはのど(咽頭部)の場合は刺さったところに痛みを感じ、飲み込むときにも痛みを感じるときがあります。刺さった状態が長引くと粘膜が感染を起こして赤く腫れることもあります。

通常は食べ物といっしょに摩擦によって自然に取り去られます
ただ、粘膜に深く刺さって自然にはとれない場合は歯科医師に、のどの奥の方にささっているときは耳鼻科医にとってもらうようにします。

のど(咽頭)を超えて食道に刺さったら耳鼻科にて内視鏡を使った摘出が必要になります。
FC2ノウハウにも掲載されています


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.