入れ歯の寿命

10 28, 2006
入れ歯を支えているアゴの骨は時間の経過とともに吸収して減ってきます。これは生理的な現象ですから止めることはできません。

新しい義歯を入れて最初は快適でも、何年かするとゆるくなってきたり、歯がすり減って噛みにくくなってきたりします。
このような不具合がでてきたら、早めに歯医者さんに行ったほうがいいでしょう。

個人差があるので一概には言えないのですが、6~7年くらいが作り替えの目安かなと思います。
もちろんそれ以前に不具合がでてきたら、歯医者さんにみてもらいます。
わざわざ新しく作らなくても、入れ歯の裏打ちをしたり、すり減った人工歯を修理・調整しただけで再び快適に使えるようになることもあります。

ちなみに、
なかには20~30年も同じ入れ歯を大切に使っている方もいらっしゃいます。
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム