カラーテスターの使用は有害?無害?

12 19, 2006
カラーテスターを使うと歯の汚れ(歯垢)がどの場所に、どれくらい残っているかが一目瞭然にわかります。自分の歯磨きの弱点をカラーテスターで確認することができます。



カラーテスターの成分は
錠剤:色素、香料
液体:大部分が精製水、色素、防腐剤、アルコール、香料

色素は主に赤色104号が用いられています。これは厚労省により口紅、リップクリーム、歯磨剤などに使用が認められています。

赤色104号が急性毒性を表すのは体重1kg当たり2~3gを口から摂取した場合です。これは体重20kgの子供が40~60g(錠剤にして約10000錠)を一度に摂取しなければ問題はないということです。

その他の成分も日本薬局方収載品で安全性に問題はなく、香料も安全性を確認済みです。したがって歯垢染め出し剤として、錠剤でも液体でも安心して使用できます。
Posted in 材料
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム