口腔外科ってどんな病気をみるの?

12 28, 2006
大きな総合病院、歯科部の附属病院には口腔外科という科があります。
この口腔外科はどんな科なのでしょう?

歯科といえば虫歯や歯周病の治療、抜歯、入れ歯、矯正などいろいろな分野がありますが、その中で抜歯などは口腔外科の分野になります。

口腔外科の分野には、歯や歯肉、舌などの口の中だけでなく、唇や顎の骨、顎の関節、唾液腺なども含まれます。



具体的に扱う病気の種類は、

■外傷:歯の脱臼、あごの骨の骨折、口の中の傷など
■腫瘍:口の中のガン、良性の腫瘍
■炎症:抜歯、親知らずの抜歯、あごの骨の炎症
■先天異常:兎唇口蓋裂など
■嚢胞:うみの袋
■神経疾患:三叉神経痛、顔面神経麻痺など

などがあげられます。
街の歯医者さんからの紹介という形をとることが多いと思います。
1 Comments
By 12 28, 2006 - URLedit ]

歯のことについてブログ書いてます。興味ある方はよければ一度来てみてください。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム