ADMIN TITLE LIST


血圧を下げる薬にはいろいろな種類がありますが、カルシウム拮抗剤もそのひとつです。代表的な薬品名はニフェジピン(アダラート)。
このカルシウム拮抗剤の副作用として歯肉の増殖・肥厚があげられます。

発現率は10~20%程度で、その程度はさまざまです。
口の中全体に起こりますが、特に前歯に頻繁にみられます。

この歯肉の増殖は
歯周病の増悪
義歯製作の困難
を引き起こします。

歯科医師にとってこのカルシウム拮抗剤による歯肉の増殖は本当に頭を悩ませる問題です。
プラークコントロール(歯磨き)やスケーリング(歯石除去)を徹底的にやれば増殖が縮小するという報告もあるようですが、実際はそんなに甘くありません、私の経験ではプラークコントロールとスケーリングで歯肉増殖が縮小したためしはありません。

最善の方法は医科の先生と相談の上、可能であれば薬を替えてもらうことです。カルシウム拮抗剤以外の血圧を下げる薬に替えてもらうということです。
これで劇的に歯肉増殖は改善します。
私の経験では薬を替えて最短で3週間くらいで歯肉増殖が改善した人もいます。

実は、このカルシウム拮抗剤の歯肉増殖という副作用は医科の先生方にはあまり知られていないようです。うちの医院ではもしこの副作用が疑われた場合は早急に医科の先生に相談します。そして可能であれば薬を替えてもらいます。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.