ADMIN TITLE LIST


以前「ストレスと歯周病」という記事で、
ストレスによって唾液の分泌量が減る。唾液は歯周病菌を洗い流したり、増殖を抑えたり、歯垢を付着しにくくするので、分泌量が減れば歯周病になる可能性が高くなる。・・と書きました。

実はこのストレスによって唾液の分泌量が減るというのは、虫歯のなりやすさにも影響します。

唾液の量が少なくなると虫歯菌が洗い流される効果が低下します。
虫歯菌にたいする免疫力も低下します。唾液の中には虫歯菌に対する免疫物質も含まれているからです。
また唾液は初期虫歯を修復する性質も併せ持っていますので、この能力も低下するということになります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.