ADMIN TITLE LIST


歯並びは遺伝的な要素が大きいといわれていますが、後天的な要素もあります。
その一つが噛むことです。
子供の頃に歯ごたえのあるものを食べると、顎の発達がよくなります。
すると歯の生えるスペースが十分に確保されて乱ぐい歯や八重歯になる可能性が低くなります。

逆に、歯ごたえのない柔らかいものばかり食べていると、乱ぐい歯や八重歯になる可能性が高くなるということになります。
歯ごたえのあるものを食べていた(歯ごたえのある食べ物しかなかった)昔の人のほうが歯並びがいいのはこのためかもしれません。

参考までに、以前の関連記事です。
噛む習慣
よく噛まない子供


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.