ADMIN TITLE LIST


歯周病といえば、20代~30代に発症する病気で若い人には無縁と思われがちですが、まれに10代前後から発症することがあります。
若年性歯周炎とか早期発症性歯周炎と呼ばれています。男性よりも女性に多い病気です。

一般的な歯周疾患の進行は緩慢であるのに対し、若年性歯周炎は急速な歯周組織の破壊がみられるのが特徴です。
なぜそのような破壊が起きるのかについてのメカニズムについては、まだ完全には解明されていません。
わかっていることは Actinobacillus actinomycetemcomitans という歯医者さんの世界では超有名な細菌が関与しているということです。

若年性歯周炎は手強い病気です。
治療は通常の歯周病の治療と同じですが、治療になかなか反応しにくいというのが特徴です。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.