ADMIN TITLE LIST


更年期障害とは、更年期(40代半ばから50代)にみられるさまざまな不定愁訴で、閉経期にホルモンのバランスが変化することによっておこります。

この現象はお口の中のも現れることがあります。
歯肉に痛みが走ったり、灼熱感をもったり、細菌に対する抵抗性が低下して歯周炎を容易に発生してしまうこともあります。

更年期では唾液の量も減少する場合があり、さらに歯周病になりやすい環境になり得ます。(⇒ドライマウス

更年期になってからあわてて歯周病の対策をするのではなく、早い時期から歯周病の予防、歯周病になりにくい習慣、そして歯医者さんでの定期的なメインテナンスを心がけるべきでしょう。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.