ADMIN TITLE LIST


以前、「虫歯がつくられるのは夜」という記事を書きました。
夜寝ているあいだは、お口の中の唾液の量が減って、流れも少なくなって、唾液によって虫歯菌を洗い流したり、殺菌したりする能力が低下するという内容でした。



これは歯周病菌についても同じことがいえます。
夜寝ている間は唾液の流れが少なくなり、細菌の活動性が高くなります。つまり寝ている間は歯肉にとって危険な時間帯、歯周病が進行しやすい時間帯ということができます。
ということで寝る前の歯磨きはとても効果があります。

また寝ている間に歯ぎしりをして歯と歯肉に負担がかかることもあります。この場合も朝起きたときに歯肉に違和感を感じことがあります。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.