ADMIN TITLE LIST


歯ぎしりとは眠っているときに上下の歯を強くこすり合わせりことによってキリキリと音をたてることです。
なにしろ寝ている時のことなので本人はなかなか気づかないことも多いようです。

歯ぎしりをしている時の咬む力は通常の咀嚼時の数倍から10数倍になるといわれています。これによって歯が磨耗したり歯周組織にダメージを与えることもあります。

歯ぎしりの原因はいろいろあります。
成長期に起こる歯ぎしりは、かみ合わせを調整するための生理的な反応です。
かみ合わせに全く問題が無くても、強い歯ぎしりを日常的に行っている人もいます。これがどのようなメカニズムで起こるのかは解明されていませんが、ストレスが原因であるという説もあります。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.