どうして歯ぎしりがおこるのか?

08 11, 2007
歯ぎしりとは眠っているときに上下の歯を強くこすり合わせりことによってキリキリと音をたてることです。
なにしろ寝ている時のことなので本人はなかなか気づかないことも多いようです。

歯ぎしりをしている時の咬む力は通常の咀嚼時の数倍から10数倍になるといわれています。これによって歯が磨耗したり歯周組織にダメージを与えることもあります。

歯ぎしりの原因はいろいろあります。
成長期に起こる歯ぎしりは、かみ合わせを調整するための生理的な反応です。
かみ合わせに全く問題が無くても、強い歯ぎしりを日常的に行っている人もいます。これがどのようなメカニズムで起こるのかは解明されていませんが、ストレスが原因であるという説もあります。
0 CommentsPosted in 歯科
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム