ADMIN TITLE LIST


お薬を処方する場合、「毎食後」という服用パターンが一番多くなります。
これには二つの意味があります。

■食事という時間を指定することにより飲み忘れを防ぐ。
■食後に服用することにより胃の粘膜を守り、なおかつ薬の吸収をよくする。



よく、「食事をとらなかったから薬を飲まなかった。」という方がいらっしゃいます。
食事を取り忘れても必ず飲むようにしましょう。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.