ADMIN TITLE LIST


顔の皮膚がひきつったりけいれんを起こすことがあります。
ほとんどの場合、顔面神経または三叉神経の痙攣(けいれん)で起こります。
いずれの場合も顔面の筋肉の異常緊張が原因で、中年以降の高齢期によくみられます。

顔面神経の痙攣は左右どちらかの顔面の一部、とくにまぶたによくみられます。
疲労、精神的ストレス、血管の障害などが原因と考えられています。
多くの場合、自然に治ります。

三叉神経の痙攣には繰り返し起こる間代性痙攣としばらく続く硬直性痙攣があります。
間代性痙攣は咀嚼筋が痙攣し、下顎が異常に動き、噛みしめや歯ぎしりが起こります。
これも疲労、精神的ストレス、寒冷刺激が原因と考えられています。

硬直性痙攣は筋肉が引きつったまま口が開かなくなります。
てんかん発作、ヒステリー、破傷風などの全身痙攣の部分的な症状として発現する場合が多いようです。
原因疾患の治療が第一で、対症療法として精神安定剤を投与することもあります。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.