ADMIN TITLE LIST


あわない義歯(入れ歯)を長期に入れていると、フラビーガムというこんにゃくにようにブヨブヨした歯ぐきになってくることがあります。
フラビーガムになると、ますます義歯が安定しなくなりさらにフラビーガムが進行するという悪循環におちいります。

専門的には歯槽骨の吸収、粘膜の肥厚、粘膜下組織の線維性の増殖ということになります。

よくできる場所は上の前歯の顎堤粘膜です。
下の前歯に突き上げられた上の前歯部において発生することがもっとも多いということになります。

主な原因としては

・義歯が顎堤粘膜に適合していない。
・前歯部の咬み合わせが強くなっている、つまり奥歯よりも前歯部のほうが早期に咬んでいる。

の2つがあげられます。


治療としては

・義歯の内面を削ってフラビーガム部を緩衝する。
・前歯部の咬み合わせを調整する。
・奥歯の咬み合わせを上げる。(相対的に前歯部の咬み合わせを空ける)
・外科的に切除する。

等があげられます。


義歯の不適合や咬み合わせの不適合が大きくてどうしようもないときは義歯を新しく作ることもあります。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.