ADMIN TITLE LIST


通常の大きさに比べて異常に小さい歯を矮小歯といいます。

歯の退化現象ともいわれ、もとの歯の形態をそのまま小さくしたようなものから、円錐や栓状といった形に変化してしまっているものもあります。過剰歯は矮小歯となる傾向が強いようです。

好発部位は上顎側切歯や第三大臼歯(親知らず)。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.