タバコは歯周病の原因になる

07 03, 2008
タバコが歯周病の原因のひとつになっていることをご存知でしょうか。

タバコの煙の主成分であるニコチンの血管収縮作用(血管が縮まって細くなる作用)と、一酸化炭素による血液の酸素運搬能の阻害作用によって、血液の流れが悪くなったり、唾液分泌の低下が起こるなどの理由によって、細菌が増え、歯周病にかかりやすくなります。

また、血流の悪化の影響で栄養が不足しがちになり、歯周病を再生させる能力も低下するため歯周病が悪化しやすくなります。

タバコは吸っているだけで歯周病のなるリスクが高くなるということでで、これはとても怖いことです。
Posted in タバコの害
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

oku

Author:oku

---------------------------------------------------
おも白歯なし(おもしろばなし)

歯についての最新の情報、知識をわかりやすく提供。

歯とは関係ない話題も★
---------------------------------------------------

※コメントについて :
他医院の治療内容に関連した質問にはお答えしておりません。

最近の記事
カテゴリ
リンク
最近のコメント
QRコード
(スマホサイトへ)
QR
ブロとも申請フォーム