ADMIN TITLE LIST


タバコが歯周病の原因のひとつになっていることをご存知でしょうか。

タバコの煙の主成分であるニコチンの血管収縮作用(血管が縮まって細くなる作用)と、一酸化炭素による血液の酸素運搬能の阻害作用によって、血液の流れが悪くなったり、唾液分泌の低下が起こるなどの理由によって、細菌が増え、歯周病にかかりやすくなります。

また、血流の悪化の影響で栄養が不足しがちになり、歯周病を再生させる能力も低下するため歯周病が悪化しやすくなります。

タバコは吸っているだけで歯周病のなるリスクが高くなるということでで、これはとても怖いことです。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 おも白歯なし, All rights reserved.